動画配信サービス

【dアニメストア】 for Prime Videoと通常会員の違いを徹底解説!

dアニメストア for prime video

dアニメストアはアニメ専門の動画配信サービスとしてNo.1のシェアを誇ります。

「豊富なアニメコンテンツ」と「リーズナブルな月額料金」が魅力で、多くのアニメファンに選ばれています。

今回は、そんなdアニメストアの通常会員とは異なる「dアニメストア for Prime Video」という会員タイプについて、疑問点を解説していきます。

具体的には

「for Prime videoと通常会員との違いは何?」

「Amazonプライムビデオとの関係性は?」

といった疑問にお答えします。

そして、dアニメストアの「通常会員」と「for Prime Video」を比較することで、「どちらを選ぶべきか」を判断することができます。

現在、dアニメストアの加入で迷っている方、もしくは会員タイプの移行を検討している方は、本記事を読むことで後悔することなく適切な会員タイプを選べると思います。

ぜひご覧ください。

dアニメストア for Prime Videoとは

はじめに【dアニメストア for Prime Video】について簡単に紹介すると…

【dアニメストア for Prime Video】とは

定額制の動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」の1つの会員タイプであり、既存の「Amazonプライムビデオのコンテンツ」にプラスして「dアニメストア」のコンテンツを楽しめるサービスです。

かかる料金としては

Amazonプライムビデオの月額料金【500円(税込)】

dアニメストアの月額料金【440円(税込)>】

=月額940円(税込)

となります。

料金は単純にAmazonプライムビデオとdアニメストアの単体契約での月額料金を足した金額になっています。

なのでdアニメストア for Prime Videoの会員になる場合と、Amazonプライムビデオ+dアニメストアを別々に契約した場合で、かかる料金は同じということになります。

しかしながら、「dアニメストア for Prime Video」と「dアニメストア 通常会員」を比較すると、コンテンツをはじめ様々な違いがあるので、しっかり理解しておきましょう。

「Amazonプライムビデオのコンテンツ」自体はdアニメストア for Prime Video会員と通常のAmazonプライムビデオ会員とで違いはありません。

【dアニメストア】for Prime Videoと通常会員の違い【6つのポイント】

先ほど紹介しましたが、Amazonプライムビデオとdアニメストアをそれぞれ別々に契約した場合と、dアニメストア for Prime Video1本で契約した場合でもかかる料金は同じです。

しかし料金は同じでもサービス内容には様々な違いがあるため、その違いを把握することで失敗せずに適切な会員タイプが選択ができます。

ということで、両者の主な違いは以下の6点になります。

①視聴可能なコンテンツの違い
②使用するプラットフォームの違い
③登録用アカウント・支払い方法の違い
④同時視聴可能なデバイス数の違い
⑤対応可能なデバイスの違い
⑥独自機能の違い

順番に解説していきます。

①視聴可能なコンテンツの違い

第一に解説する「視聴可能なコンテンツ」についてですが、ここの違いが両者を比較するうえで一番大きな部分になります。

先ほど「dアニメストア for Prime Video」についての紹介で

「Amazonプライムビデオのコンテンツ」にプラスして「dアニメストア」のコンテンツを楽しめるサービスです。

といいましたが、実際にはdアニメストアにある全てのコンテンツを楽しめるわけではないというのが大きなポイトです。

ここがdアニメストアを単体で契約した場合(→通常会員)との違いです。

実際にデータの比較として、以前にdアニメストアの見放題作品数が2800作品ほどだった頃に、dアニメストア for Prime Videoの見放題作品数が1800作品ほどというデータが発表されています。

2020年12月現在でdアニメストアでは4000作品以上のアニメが見放題となっていますが、以前のデータから考えると「dアニメストア for Prime Video」は1000作品程度、見放題作品数が少ないのではないかと考えられます。

※ただし、最新データが公表されていないので、この数字は参考までにお考え下さい。

ただ、アニメの見放題作品数でいうと「dアニメストア 通常会員」の方がお得なのは間違いないです。

また、それだけでなくdアニメストアにはアニメ以外にも

  • 声優
  • アニソン
  • 2.5次元舞台

などのアニメ関連コンテンツが充実していますが、dアニメストア for Prime Videoの場合、上記のアニメ関連コンテンツは一部しか取り扱っていません。

結論

より多くのアニメコンテンツを楽しみたい場合、dアニメストアに単体で加入する通常会員の方が、料金は変わらず全てのコンテンツを楽しめるのでおすすめです。

 

②使用するプラットフォームの違い

続いて、使用するプラットフォームの違いについてです。

プラットフォーム】とは簡単に言うとコンピューターやアプリにおける基盤(ベース)となる部分を指します。

名前からしいいて勘違いしがちですが、dアニメストア for Prime Videoは、Amazonが運営する「Amazonプライムビデオ」のサービスの一環です。

なので、実際に利用したり視聴する際には、Amazonプライムビデオのプラットフォームを用いることになります。

実際の利用画面の比較として以下の画像をご覧ください。

左の画面がdアニメストア for Prime Video
右の画面がdアニメストア 通常会員の画面です。

同じ作品を見るにしても「Amazonプライムビデオ」と「dアニメストア」どちらのプラットフォームを用いるか、という違いがあります。

このプラットフォームの違いというのは、サービスを提供している運営元が違うということなので、当然様々な違いが生まれるわけです。

dアニメストア for Prime Videoは、操作性や機能、視聴画面などすべてAmazonプライムビデオと同様です。

③登録用アカウント・支払い方法の違い

  • dアニメストア for Prime Video
  • dアニメストア 通常会員

両者の利用登録にあたっては、必要なアカウントが異なります。

dアニメストア for Prime Video ≫ Amazonアカウント
dアニメストア 通常会員 ≫ dアカウント

上記のアカウントがそれぞれ必要となり、持ってない方はまずそちらの作成が必要です。

Amazonアカウント・dアカウントはどちらも、無料で数分程度で作成することが可能です。作成の際にはメールアドレスや銀行口座orクレジットカードなどが必要です。

  

支払い方法の違いについて

以下の支払い方法の表をご覧ください。

dアニメストア for Prime Videodアニメストア(通常会員)
クレジットカード
デビッドカード(高校生でも利用可)
(ほぼ利用可)

(一部利用可)
キャリア(携帯)決済×
(d払いのみ可)

それぞれクレジットカードが用意できれば支払いは問題ありません。

しかし、高校生など用意が難しいという方は「デビットカード」が1つの手段になりますが、通常会員の方は一部のカードのみ利用可能なので確認が必要です。

また、通常会員の方のみキャリア決済として、携帯料金と一緒に支払うことが可能です。(→ただしdocomoユーザーに限る)

Amazonプライムビデオの料金は、Amazonギフト券で支払い可能ですが、dアニメストア for Prime videoは不可なので注意しましょう。

④同時視聴可能なデバイス数の違い

同時視聴」とは1つのアカウントで複数のデバイスに登録している場合、それぞれのデバイスで同時刻に視聴できるという機能のことです。

現在、それぞれのサービスにおける同時視聴可能なデバイス数については以下の通りです。

dアニメストア for Prime Video ≫ 3台まで可能
dアニメストア 通常会員 ≫ 同時視聴不可(1台のみ)

このように、同時視聴においてはdアニメストア for Prime Videoの方が同時に3台まで可能なので、かなり使い勝手が良いです。

この同時視聴は、複数人で1つのアカウントを共有する場合に起こりやすいので注意が必要です。

【例】自分と兄弟でアカウントを共有している場合

自分の携帯とリビングのTVに登録している場合→リビングで兄弟が見ていたら自分の携帯では見れない

このような状況が日常で起こりえるので、同時視聴が可能かどうかはかなり重要なポイントです。

どうしても共有して利用する場合は、時間をずらすなどの工夫が必要で「見たいときに見れない」というのはかなりストレスに感じると思います。

結論

誰かとアカウントを共有する場合、3台まで同時視聴可能なdアニメストア for Prime Videoの方がストレスがないのでおすすめ。

⑤対応可能なデバイスの違い

対応可能なデバイス」とは、動画を見る際に用いる『スマホ、PC、TV出力するための機器』など、それぞれのデバイスで視聴できるかということです。

以下がそれぞれの主な対応デバイスになります。

【dアニメストア for Prime Video 対応デバイス】
Android、iOS、PC、Fire TV、Apple TV、Chromecast
PS4、PS3、Xbox One、BDレコーダー

【dアニメストア 通常会員 対応デバイス】
Android、iOS、PC、Fire TV、Apple TV、Chromecast

両者を比較するとAmazonのプラットフォーム用いる、dアニメストア for Prime Videoの方が対応デバイスが広いです。
→通常会員の方にはないデバイスをで表示。

主な違いとしてdアニメストア for Prime Videoの方は、主要ゲーム機やBDレコーダーにも対応しているという点で優っています。

また、両者とも一般的な携帯やタブレット、PCに加えTV 画面に出力できるFire TVやApple TVに対応しています。

【TV画面で動画を楽しみたい】という方

おすすめは僕自身も愛用している「Fire TV」です。他の動画配信サービス『U-NEXT、Netflixなど』にも対応しており、YouTubeもTVで見ることができるので1つ持っておくとかなり便利です。

結論

主要ゲーム機やBDレコーダーで動画を見たい場合、対応しているdアニメストア for Prime Videoがおすすめ。

⑥独自機能の違い

最後に独自機能の違いについて解説します。

比較するのは「Amazonプライムビデオ」と「dアニメストア」それぞれのプラットフォームの独自機能ということになります。

各動画配信サービスにおいては、操作性や機能面など多くの違いがあり、人によって使いやすい・使いにくいと好みが分かれる部分です。

dアニメストア for Prime Videoはプラットフォームの違いから「Amazonプライムビデオ」の独自機能が使えますが、「dアニメストア」の独自機能は使えません。

以下に両者の主な機能を比較してみました。

Amazonプライムビデオdアニメストア
ダウンロード機能
お気に入り機能
画質選択×
(ダウンロード時も可)
数秒スキップ10秒送り/戻し
(画面タップでも可)
30秒送り/10秒戻し
(ボタンのみ)
OPスキップ×
連続再生
バックグラウンド再生
倍速再生×
(1.25/1.5/2.0)
視聴画面のスクショ
(スマホの場合)
×
作品のレビュー×

どちらも一長一短ありますが、どちらも利用している僕自身の経験から、特に重要な点をピックアップして紹介します。

Amazonプライムビデオ
良い点〇
■スマホやタブレットで再生している際の画面操作が行いやすく、数秒スキップが画面タップでも可能
■作品のレビューが星評価やコメント付で見られるので参考になる

悪い点×
■アニメが若干探しづらい
■倍速再生ができないので時短視聴できない

dアニメストア
良い点〇
■OPスキップや倍速再生機能で時短視聴が可能
■キャスト、スタッフ、年代別などで検索でき、アニメが探しやすい

悪い点×
■再生中の画面操作が多少やりづらい(ボタンの位置が微妙)
■作品ごとの注目度は見れるが、生の評価(レビュー)は見られない

【選び方】どちらに加入すべき?

以上が、dアニメストア for Prime Videoとdアニメストア 通常会員の違いについてでした。

では結局どちらを選べば良いか、情報量が多いので判断が難しい方もいると思います。

どちらにも良さ・悪さがあるので、大切なのは利用者の要望により近い方を選ぶことです。

これまでに紹介した内容から

  • dアニメストア for Prime Video
  • dアニメストア 通常会員

どちらを選べば良いか、判断ポイントをまとめましたのでご覧ください。

基本的には「dアニメストア 通常会員」がおすすめ!

僕は基本的に多くの方には「dアニメストア 通常会員」をおすすめします。

理由としては

コンテンツの豊富さ

これに尽きます。

コンテンツの豊富さは数ある動画配信サービスを選ぶうえで、料金と並んで最初にチェックすべき重要ポイントです。

「何を配信しているのか」「何が見られるのか」

それによって、そもそも見たい作品がそのサービスに無かったり、今後配信されないという場合も考えられるからです。

その他にもdアニメストア 通常会員には

■検索機能が充実しておりアニメが探しやすい

■1.25倍速、OPスキップなどサクッと見れる機能あり

■好きなシーンをスクショできる

といった特典もあり、アニメが好きならdアニメストア 通常会員で決まりなのかなと思います。

とはいえデメリットも存在するので、気になる方は次の項目「dアニメストア for Prime videoを検討してほしい人」をご覧ください。

僕個人の経験上、アニメにハマっていくほど

「もっと色んなアニメが見たい!」「声優にも興味が出てきた」

となっていったので、より多くのコンテンツが揃っている方が満足度が高いはずです。

31日間の無料体験から

現在dアニメストアでは、31日間の無料体験が利用できます。実際に使ってみることで、使用感や良し悪しが実感できると思います。もし、合わない場合でも無料体験中に解約手続きを行えば料金はかかりませんので安心です。

≫ dアニメストア 「31日間無料体験」はこちらから

dアニメストア for Prime Videoを検討してほしい人

おすすめはdアニメストア 通常会員とお伝えしましたが、一方でdアニメストア for Prime Videoを検討してほしい人もいます。

それは以下の2点に当てはまる場合です。

①複数人で1つのアカウントを共有しようと考えている方

②ゲーム機やBDレコーダーを通して動画を視聴しようと考えている方

以上の2点に当てはまる方は、dアニメストア for Prime Videoでなければ厳しいと思うので、検討しても良いと思います。

一応、それぞれに対しての工夫や解決策も紹介します。

【複数人で1つのアカウントを共有】に対する工夫

①動画を可能な場合は一緒に見る
②視聴時間を事前にずらすことで、急な被りを避ける

【ゲーム機やBDレコーダーを通して動画を視聴したい】に対する解決策

①Fire TVを購入する(おすすめ)
②Apple TVを購入する
③HDMIケーブルで出力

以上、よろしかったら参考にされてみてください。

もし、アニメはコンテンツの豊富さにこだわりなく適当に楽しめればOKという方であれば、dアニメストア 通常会員に固執する必要もないかもしれません。

≫ dアニメストア for Prime video「30日間無料体験」はこちら

Amazonプライムビデオとdアニメストアを別々に契約する場合と比較すると、dアニメストア for Prime Videoは1つのアプリ内で完結でき、わずらわしさが減るといったメリットもあります。

さいごに

今回はdアニメストア for Prime VideoVideoとdアニメストア 通常会員について「違い」と「選び方」について解説しました。

とはいえ「百聞は一見に如かず」というように、実際に使ってみてはじめて分かることも多いです。

どちらのサービスも1ヶ月の無料体験を行っており、まだ使ったことのない方は一度使ってみると色々な気づきがあると思います。

無料体験中に「やっぱり辞めたい」と思った場合でも、その期間中に解約手続きをすれば料金はかからないので安心です。

アニメファンの僕からして、dアニメストアはコンテンツの豊富さと料金の安さがとても魅力的なので、アニメに興味がある方はぜひ。

≫ dアニメストア 「31日間無料体験」はこちら

≫ dアニメストア for Prime video「30日間無料体験」はこちら

 

ABOUT ME
ヨシ
アニメが1番の趣味という25歳。高校生の時に何気なく見始めた深夜アニメにハマり、それから7年以上日々アニメを視聴中。これまでに視聴したアニメは400作品以上で、好きなジャンルは「バトル系」「ダークファンタジー系」。 本ブログではアニメを見るために欠かせない「動画配信サービス」の役立つ情報を、自身の利用経験を踏まえて発信中。